日本の妊婦に対する体重管理がおかしい件

妊娠してから、妊娠・出産・育児について英語と日本語の両方でいろいろと検索するようになったのだけど、日本のサイトや質問サイトなどで出回っている情報が遅れすぎていて引く。

特に体重管理について。2018年になっても「例外無しで絶対に7キロ以内に収めろ」なんて言ったり、ダイエットを勧める医者がいるなんて驚愕。

いやいやいや、もう何年も前からいろんな論文で一律に妊婦に体重制限を設けるのは危険だって結論が出ているのに、どれだけ遅れてるの。っていうか、医者なら最新の論文読んどけよ!って思う。

当たり前のことを言うと、増えすぎても増えなすぎてもよくないです。

痩せ型の妊婦に体重制限なんてしたら、胎児の発達が遅れたり、切迫早産のリスクが上がるっつーの!

太ってたとしてもダイエットなんてもってのほか!頭おかしいの!?!?と思う。

研究でわかっているのは、

  • 妊娠前痩せすぎ(BMIが18.5以下)だった妊婦は普通体型だった妊婦よりも妊娠中にに体重を増やさないと切迫早産や、低体重児を産むリスク可能性が高まる
  • 妊娠前に太り過ぎ(BMIが25以上)だった妊婦は逆に妊娠中に太り過ぎるとと切迫早産や、低体重児を産むリスクが高まる
  • 痩せすぎや太り過ぎの妊婦は難産になりやすい
  • 普通体型やもともと痩せている妊婦の場合、体重が増えた分だけ胎児が増えるが、もともと太っている妊婦の場合は増えたら増えた分、胎児が成長しなくなる
  • 父親の身長と胎児の出産体重と比例するが、父親の体重と胎児の大きさは無関係
  • もともと高血圧や糖尿の傾向にある人は切迫早産や難産になりやすい
  • 切迫早産の起こりやすい家系もある
  • 子供が低体重で生まれると将来糖尿病や肥満のリスクが高まる
  • 逆に、巨大児も将来糖尿病や肥満のリスクが高い

要は「どれだけ増えるのが適切なのかは、妊娠前の体重や体質による」ってこと。この記事を読んでいる妊婦さんで自分はどれだけ増えたらいいのか気になるかたは下のリンクを参考にしてみてください。人間はロボットではないのであくまで「参考」程度に。

https://www.calculator.net/pregnancy-weight-gain-calculator.html

念のため英語が読めない人のために使い方を書いておくと、まず、下の画像のように”Metric Units”をクリックして、現在の妊娠週数、双子かどうか、身長、妊娠前の体重、現在の体重を入れて”Calculate”をクリックします。例に入れているのは適当に思いついた数値です。(わたしのじゃないですよ 笑)


すると、下の画像のような結果がでます。

一番左が週数、真ん中が週数ごとの適正体重、右側が妊娠前と比べて増えていい体重

この結果によると、元々160cm50キロ(BMI19.5)の人は出産までに12-16キロくらい増えるのが理想で、20週目で7キロは増えすぎみたいですね。

知恵袋かなんかで読んだのだのだけど、「◯週までは1キロも増やしてはいけない」なんて指導している医院もあるらしいが、いきなり増やすと危険だし、同じ量しか食べてなくても体がため込みやすくなっているのだからそんな医者の言うことは聞かなくていいと思う。中期で急激に増えるのはほとんど水分って言われてたりします。理想は少しずつゆっくり増やしていくこと。とは言っても、突然増える週があったりまったく増えない週があったりするのは普通のことなのでガイドラインに囚われすぎず、ゆったり構えるのがいいと思う。

普通に朝昼晩(と小さめのおやつを数回)を健康的に食べて、睡眠をとって、適度な運動をしていたら病的に太りすぎるってことはないと思う。糖質(とくに砂糖)を控えてタンパク質を多めに取るのは大事。妊娠初期は妊娠前と同じくらい、中期は妊娠前の食事量+350kcal、後期は妊娠前の食事量+450kcalを食べるのが目安らしいです。

わたしは朝昼晩+おやつ2〜3回(昼前、夕方、寝る前)かな。おやつといっても目玉焼き2個とか、ベビーチーズ3個とか、牛乳1杯とかですが。日常生活で1日1万歩以上歩くし、代謝がいい方(平熱が36.5度、手足が暖かい)なのであまり気にしてません。というかあまり食べ物に興味がなくて気がつくと食べ忘れて気分が悪くなるので意識して食べてます。わたしみたいにあまり食に執着がない人に過激な体重指導するのはかなり危険だと思う

わたしはむしろ食べなさすぎて赤ちゃんに影響が出るのが怖い。

元々細身(というかガリガリ)なのにあまり体重が増えなかったママさんや、健康健康って意識しすぎて低カロリーの食事(特にビーガン)をしたり、妊娠中に過激な運動している(アメリカ人)ママのブログを読むと大体、早産か、お医者さんに赤ちゃんが育ってないので陣痛誘発しましょうと言われているか、満期で産んだのに赤ちゃんが異常に小さい(2500kg以下)って結末を迎えてます。

だから、細いママさんは本当に気をつけて、と思う。

ちなみにですね、母親が高齢になると、発達障害や自閉症のリスクが上がると思っている人が結構いるみたいなのだけど、上がりませんよ。そんな研究結果はない。それより、父親の年齢が強い影響があります。ダウン症とか流産の確率と間違えてるのかな。確かにダウン症や流産の確率は母親の年齢が上がれば上がるほど上がるけど、発達障害(ADHDや自閉症)は父親の精子の影響が大きい。

本当に、患者に偉そうにごちゃごちゃ言う前にちゃんと最新の医療の研究をチェックしとけよ(怒)と思う。

どんどん新しい研究結果が出てくるから、医者の知識だけに頼っていたら危ないと思う。早く医者同士の情報共有システムかなんかを開発して、最新の医療が全患者さんに届くようになることを願います。

「アナと雪の女王」(Frozen)を見た感想(辛口)。

かなり、今更なのだけれどアナと雪の女王をついに見てみた。なぜ今頃かと言うと、正直あまり面白そうに思えなくて興味なかったから。でも、当時のすごい人気の理由が知りたかったのと、いろいろ絶賛されていたり、フェミニストのための映画だと言われていたのでどんなものなのか気になったので見て見た。

続きを読む »

何の役にも立たない「アドバイス」にイライラ:人に批判したくなる時は自分が自由に生きていない時。

妊娠したり結婚するとなると、どこからともなく余計な批判や「アドバイス」をしてくる人が出てきますよね。一番たちが悪いのは「自分は相手のためにアドバイスををしているだけ」と言いつつただの批判をしてくるやつら。それは自分が我慢しまくってるから、我慢してない他の人が気に食わないだけなのにそれを自覚していないかわいそうな人たち。

続きを読む »

The difference between an advice and a criticism: please read this when you feel like you need to “help” your friend who’s making a bad choice.

Some people don’t realize that their “advice” is just an annoying criticism. If you ask them why they are attacking the other person, they probably would say, “I am not attacking them. I am giving them advice because I am worried about them.” But is what they are giving really “advice”?

続きを読む »

一見ダメ男を起業家に変身させた[あげまん体験談]。

わたしの夫は今でこそ世間一般でも「素敵な人」だけど、わたしと出会った時(つい4年前)は多くの女性が見向きもしないような悪条件だった。わたしは条件が悪くても本質的にいい人だと思ったので彼を選んで、褒めて褒めて潜在能力を引き出したら、いわゆる好条件な人に変身した続きを読む »